横浜駅徒歩4分 審美・美容・ホワイトニング

CAD/CAM冠(セレック)

セレック CAD/CAMシステム

セレックはCAD/CAM(キャドキャムまたはキャドカム)というコンピュータを利用した設計・生産システムを用いた歯科治療です。
三次元データにした口腔内のデータにコンピュータ上で詰め物・被せ物を設計し、そのデータどおりに詰め物・被せ物を削り出します。
セレックには大きく5つのメリットがあります。

型取り不要
3D光学カメラで口腔内を立体的に撮影するので、従来の苦しい型取りをしなくて済みます。(※症例によっては必要になることもあります)
金属アレルギーの心配なし
セラミック(陶材)を使用するため、金属アレルギーの心配がありません。
経済的な価格
院外の技工所を通さずに院内で作製できるので、通常の白い歯よりも安価に仕上げられます。
最短半日で装着可能
1回の通院で歯を削って、被せ物・詰め物の装着まで進めるので、通院の回数を増やしたくない方にもおすすめです。
安心の2年保証
当院ではセレックで作製した被せ物・詰め物に2年の保証があります。

セレック設計システム セレック生産システム

より天然歯に近づいた審美(美容)歯科

銀歯の詰め物(インレー)を白い詰め物に
銀歯のインレー
術前
セレックのインレー
術後

費用(税抜)  手前の歯 → \40,000  奥の歯 → \50,000

金歯の被せ物(クラウン)を白い歯に
金歯のクラウン
術前
セレックのクラウン
術後

費用(税抜)→ \80,000

セレックと従来法の違い

従来法
  1. 歯を削る
  2. 歯型を取る
  3. 石膏の模型を作る
  4. 歯科技工士が被せ物・詰め物を作る
  5. 口腔内に装着

全行程が約1週間
その上、高額・・・

セレック
  1. 歯を削る
  2. 専用のカメラ(口腔内カメラ)で口の中を立体的に撮影
  3. コンピュータ上で被せ物・詰め物の設計
  4. ミリングマシンで切り出す
  5. 口腔内に装着

全工程が最短半日
技工所を通さないで院内で作製するため、通常の白い歯よりも安価に白い歯を入れられます。

セレック治療の流れ

  1. [1]歯を削ったあと、3Dカメラで口腔内を撮影します。
    1.口腔内撮影

    セレックでは3D工学カメラを使用するため、従来の型取りによる不快感がありません。
    ※症例によっては従来の型取りを必要とする場合があります。

  2. [2]コンピュータの3D画面上で修復物を設計します。
    2.修復物設計

    モニター上で患者さんに適した理想の歯を設計していきます。
    設計後、様々な色のセラミックブロックからもっとも適した色のブロックを選びます。

  3. [3]ミリングマシンがブロックを削り出します。
    3.ミリング

    設計されたデータを元にセラミックブロックを削り出し、精度の優れた修復物を加工、作製していきます。

  4. [4]口腔内へセットして治療完了です
    4.セレックセット完了

    削り出されたセラミック歯を口腔内へセット します。 これですべての治療が完了となります。

ブログ

ミズキデンタルオフィス・インプラントセンター横浜 スタッフ&院長ブログ
ミズキデンタルオフィス健康ブログ みんなの家庭の歯医者さん
信頼と実績のインプラントセンター横浜ブログ

リクルート

ミズキデンタルオフィス・インプラントセンター横浜 求人専用サイト

© 2016 Mizuki Dental Office.