マイクロエンド|横浜 ミズキデンタルオフィス

マイクロエンド

根管治療(根の治療)とは

歯髄腔や歯根など歯の構造についての図解

歯の内側には歯髄腔(しずいくう)という空洞があり、そこには神経や血管、その 他様々な細胞を含んだ根管が存在します。
虫歯が進行し、歯髄腔まで到達してしまった場合には、痛みを治めるために神経を取り、神経が入っていた根管をきれいにして、 根の先まで薬を入れ細菌がこれ以上拡がらないようにする必要があります。
この処置を根管治療(こんかんちりょう)と言います。

以前行った根幹治療で細菌が繁殖していた例についての図解

根管治療は、被せ物などの土台になる根の治療なので、歯を残すためには最も大切な処置です。
また、以前に神経を取る治療をしたところが再び細菌に感染し再発してしまった場合にも、根の中を綺麗にするために、もう一度根管治療を行うこともあります。

根管治療は、精密さを求めるため時間のかかる治療です。
時間をかければよいというものではありませんが、しっかりとした治療を行わないと、根の先まで完全にきれいに出来ず、 後になって根の先に病気が出来てしまうこともしばしばあるのです。

顕微鏡を用いた根管治療(マイクロエンド)

狭くて暗いお口の中で根管治療を行うことはとても困難です。
歯髄腔や根管は歯の形によってはとても複雑な形態をしており手探りの作業になります。
しかし、根管治療時に顕微鏡を用いると術者の視野は各段に良くなります。

顕微鏡を覗く小倉先生

肉眼で見ていた術野は、顕微鏡を使うことにより最大25倍程度まで拡大されます。
術野が拡大されると操作の確実性、診査診断の確実性が向上します。

例えば、根管治療をおこなってもなかなか症状が治まらないことがあります。
そのような場合に顕微鏡で観察してみると、通常の術野では見えなかった未処置の根管(神経の管)が発見できることがあります。
また、根のヒビ(破折)や穴(穿孔)がみつかることもあります。

つまり、見えなかったものが顕微鏡を使うことで見えるようになるため、より精度の高い歯科治療が行えるのです。
当院では、顕微鏡と合わせて最新の治療器具を使用し、出来るだけ抜歯を行わない治療のために役立てています。

根管治療の流れ

感染の原因物質の除去と消毒

虫歯に侵された歯髄あるいはかつて治療した充填剤を除去し、根管の洗浄と消毒を行います。

根管充填

空洞となった根管を充填材(じゅうてんざい)を用いて封鎖します。
根管治療においてもっとも重要な作業は「根管充填」です。
充填の際に根管に隙間が生じていたり充填されずに放置されたりすると、根管内に残留していた細菌が増殖して炎症を起こします。
炎症が起こると痛みが生じはじめ、再度根管治療を行うことになってしまいます。

被せ物

根管充填した歯に被せ物を装着して治療完了です。

保存治療専門医
日本歯科保存学会歯科保存治療専門医:小倉 陽子

小倉先生顔写真
略歴

日本歯科大学歯学部(現生命歯学部)卒業 日本歯科大学大学院歯学研究科歯科臨床系修了 歯学博士 日本歯科大学生命歯学部歯科保存学講座 非常勤講師 日本歯科保存学会歯科保存治療専門医

所属学会

日本歯科保存学会 日本歯内療法学会 日本歯科薬物療法学会 日本法歯科医学会 日本外傷歯学会 American Association of Endodontists

ブログ

ミズキデンタルオフィス・インプラントセンター横浜 スタッフ&院長ブログ
ミズキデンタルオフィス健康ブログ みんなの家庭の歯医者さん
信頼と実績のインプラントセンター横浜ブログ

リクルート

ミズキデンタルオフィス・インプラントセンター横浜 求人専用サイト

© 2016 Mizuki Dental Office.