横浜駅徒歩4分 審美・美容・ホワイトニング

歯周病の予防

歯周病の予防

歯周病は感染症という面と生活習慣病という面を合わせ持った病気です。
したがって、歯周病を予防するにはこの両面からアプローチする必要があります。
感染症の面からはプラークコントロール(バイオフィルムの機械的除去)を、生活習慣病の面からは生活習慣の見直しを行っていきます。

プラークコントロール
  • 毎日の歯みがき・デンタルフロス・歯間ブラシ・洗口剤
  • 歯科医院での定期的なメインテナンス

プラークや歯石がたまってしまえば、また歯周病になってしまうおそれがあります。
歯周病は早期発見・早期治療が大切です。
毎日の歯みがき・デンタルフロス等の使用はもちろん、定期的に歯科医院で状態の確認をしましょう。

生活習慣の見直し
  • タバコをやめる
  • ストレスをためない
  • 規則正しい生活
  • 充分な睡眠
  • よく噛む
  • 食生活の改善

歯周病は口の中だけの病気ではなく、全身の病気とも関係することがわかってきました。
歯周病が進行すると、深くなった歯周ポケットから歯周病菌が歯周組織の毛細血管内に侵入して全身に運ばれ、 色々な臓器に侵入し、 そこで病気を起こしたり悪化させたりすることがあります。
また、歯肉の炎症によって作られるケミカルメディエーターという炎症性物資が身体全体に影響を及ぼします。
歯周病によって心内膜炎、動脈硬化、肺炎等を引き起こしたり、糖尿病を悪化させたり、早産、低体重児出産の確率を高めたりするおそれがあるのです。
歯周病を予防することは、歯と歯肉のためだけではなく、全身の健康のためになります。

喫煙と歯周病

タバコ

一般にタバコを吸う人は、吸わない人に比べ3倍も歯周病にかかりやすく、2倍も多く歯を失っているという報告があります。
また、喫煙本数と比例して歯周病が重症化することも分かっています。
では、どうして喫煙が歯周病を悪化させてしまうのでしょうか?

バコの煙の中にはタール、一酸化炭素、ニコチンをはじめ多くの有害物質が含まれます。
タールはヤニとして歯に付着し、さらにその上にプラークが付着しやすくなります。
一酸化炭素やニコチンは病原菌に対する抵抗力を低下させ、歯ぐきの腫れを隠したり、傷口を治りにくくしてしまいます。

喫煙がもたらす歯周病への影響
  • 歯周病菌と戦う白血球の機能を低下させる
  • 歯肉に酸素や栄養を供給するのに大切な毛細血管を収縮させる
  • 歯肉を修復するために必要な線維芽細胞の働きを抑制させる
  • 歯と歯肉の境目にある溝の中の酸素が不足し、酸素が大嫌いな歯周病菌にとって繁殖しやすい環境を作ってしまう
  • 唾液の分泌が少なくなり、う蝕(虫歯)や歯周病の原因菌が増殖しやすくなる
  • 体の抵抗力が弱まり、傷ついた歯周組織を修復する能力を低下させる

歯肉からの出血は、歯周病を発見するサインの一つです。
ところが、喫煙すると歯肉の血流が悪くなるため、歯肉が炎症を起こしても出血しにくくなり、歯肉も色素が沈着し黒ずむため炎症反応を分かりづらくし、 結果として自覚を遅らせ、知らない間に症状が悪化して歯を失う恐れがあります。
また、喫煙は歯周病に影響を与えるだけでなく、抜歯後の傷口や歯ぐきの処置後の回復を遅らせ、 インプラントの脱落を招くなど、 あらゆる歯科の処置に悪い影響を及ぼします。
ぜひ、歯科医師や歯科衛生士、また禁煙外来などに相談しましょう!!

ブログ

ミズキデンタルオフィス・インプラントセンター横浜 スタッフ&院長ブログ
ミズキデンタルオフィス健康ブログ みんなの家庭の歯医者さん
信頼と実績のインプラントセンター横浜ブログ

リクルート

ミズキデンタルオフィス・インプラントセンター横浜 求人専用サイト

© 2016 Mizuki Dental Office.