審美・矯正・ホワイトニング・予防センター ミズキデンタルオフィス

横浜駅西口徒歩4分
9:30-13:30/15:00-19:00

 医院情報

 歯科情報

ホワイトニングの注意点

HOME > ホワイトニングの注意点

ホワイトニング前の注意点

  • ホワイトニングの効果には個人差があります。
  • ホワイトニング前は口腔内の診査を行う必要があります。虫歯や歯周病その他の理由でホワイトニングの施術が出来ない場合があるためです。
  • ホワイトニングは歯の表面から薬剤を作用させるので、歯の汚れの状態により効果に影響を及ぼします。施術する前には歯のクリーニングを行います。
  • 治療中は知覚過敏などが起こる場合があります。これはホワイトニングの薬剤が、歯の象牙質やエナメル質の細かいヒビなどに染みることによるものです。一過性のもので、ホワイトニングが終了すればなくなります。
  • ホワイトニングとは、飲食や喫煙などで着色した歯を削らずに色素沈着を漂白し、歯そのものの色を薬剤で科学的に白く改善する治療です。

ホワイトニングを避けた方がいいケース

ホワイトニングは気軽に歯を白くできる治療となっておりますが、どのような歯にも施術が可能ということではありません。審美(美容)歯科もたくさんあります。自分に合った方法を選択し、健康的で白く美しい歯を手に入れましょう。


  • 無カタラーゼ症の方
    薬剤に含まれる過酸化水素を分解する酵素を持っていないため禁忌です。
  • エナメル質形成不全・象牙質形成不全の方
    歯の発達が十分でない場合、薬剤の影響で歯の神経である歯髄が痛みます。
  • 入れ歯やさし歯など、歯が人口の方
    歯が金属・プラスチック等の人工歯の場合白くなりません。
  • 虫歯や重度歯周病の方
    患部に染みたり症状を悪化させる原因になります。治療を終えてからの施術になります。
  • 内因性変色などのある方
    乳幼児における病気、神経を抜いた歯、薬剤の副作用(テトラサイクリン系)、加齢による黄ばみには色調の変化が見られない場合があります。
  • 妊娠中、授乳中の方
    安全とは言え薬剤を用いる施術法ですので、妊娠中のホワイトニングは避けるべきとされています。

ホワイトニング後の食事について

歯の表面には、歯を守るペリクルという薄い皮膜の層があります。処置後、この皮膜が再生するまでの間、歯の退色を防ぐために24時間は濃い色の飲み物や食べ物を極力控えてください。喫煙も24時間の禁煙をお守りください。


■ホワイトニング後、24時間は避けたい食べ物と使用するもの

  • コーヒー、紅茶、日本茶
  • 赤ワイン、グレープジュース
  • 焼きそば、カレーライス
  • チョコレート
  • 色のついた野菜や果物
  • 焼肉、焼き鳥
  • チリ、スパゲティー
  • 色の濃い口紅色つきの歯磨き粉

■ホワイトニング後、24時間以内でも口にして良いもの

  • 牛乳
  • 白ワイン
  • 薄い色のビール、スプライト
  • 豆腐(醤油なし)
  • ヨーグルト
  • マカデミアンナッツ
  • パンケーキ(シロップなし)
  • 白味噌の味噌汁、お吸い物
  • 塩ラーメン
  • パン
  • マッシュポテト(ケチャップなし)
  • ご飯
  • パスタ(ホワイトソース)
  • 白身魚(醤油なし)
  • ホワイトチーズ
  • 貝柱、エビ、ロブスター

ホワイトニングにより白くなった歯は、一生維持出来るものではありません。クリニックで定期的なメンテナンスをすることにより持続時間も変わります。


ホワイトニングのご予約、お問い合わせは、当院までお気軽にお電話ください。